ルール解説


もくじ
1.ゲームの目的
2.カードの見方
3.デッキの組み方


ゲームの目的
このゲームは40枚のデッキ(プレイ中はメモリーと表現)と1枚のアバターカードを使って、誰よりも早く 証を規定数集めることが目的です。

証は、あなたが召喚したクリーチャーを聖地に送り、聖地を守り切ったクリーチャーが昇華した姿です。
ただし、聖地にクリーチャーを配置出来るのはもっとも強いプレイヤーのみ・・・

さあ、鍵を持って、扉を開け!
栄光の聖地へ、いざ挑まん!



カードの見方


カードの名前カードの名前を示すもので、同じ名前のカードは一定のルールに従った枚数だけデッキに入れることができます。
カードの属性それぞれ色で表されており、 ・無の5属性が存在します。
魔素アイコンカードの属性の5つに加え、虹属性虹の器を含む7種類存在します。
カードの種類クリーチャーカード、魔法カード、戦闘支援カード、アバターカードの4種類存在します。
オリジナリティそのカードがどれだけ独創的・希少であるかを示すもので、これが低い=認知度が高いとされ、場に出すコストが少なくて済みます。また、デッキ構築時にもこの数が多いほど、入れることができる枚数が減少します。
攻撃値そのクリーチャーがどれだけのダメージを与えられるかを示す数値です。これが0の場合、攻撃は失敗したとみなされます。
耐久値そのクリーチャーがどれだけダメージを耐えられるかを示す数値です。この数値を超えたダメージを受けたクリーチャーは破壊されます。
種族そのクリーチャーがどのグループに属しているかが示されています。それぞれ恩恵を受けたり、逆に悪影響を受けたりすることがあります。
カードの持つ能力様々な場面で発動する能力の詳細がかかれています。条件を満たさない使い方をした場合、ここの能力は発動しません。
フレーバーテキストカードについての小話や、ストーリーに関わる断片的な情報が記載されます。
コレクションナンバー各種ナンバリングがかかれています。


デッキの組み方
このゲームでは、40枚のカードをデッキとして使用します。その際、ひとつ制約が存在します。
このゲームには、すべてのカードに「オリジナリティ」というものが設定されています。

これは、「このカードがどれだけ希少なものであるか」を5段階の星マークで表しています。
数が少ないほど「ありふれた」カードとなり、同じ名前のカードをデッキに最大4枚まで入れることができます。
逆に星が多いほど「誰も知らない、珍しい」カードとなり、デッキに入れる枚数が制限されます。

具体的には、オリジナリティの星が1 つで 4枚、2 つで 3枚まで、3つで 2枚、4つは 1枚までデッキに入れることができます。
星が5つのカードは、カードの名前が違っても、デッキには 1枚しか入れることができません。
以上を踏まえたうえで、40 枚のカードの山を創りましょう。
なお、アバターカードは 40枚に含みませんので、最終的な枚数は41枚になります。


デッキの組み方
このゲームでは、40枚のカードをデッキとして使用します。その際、ひとつ制約が存在します。
このゲームには、すべてのカードに「オリジナリティ」というものが設定されています。

これは、「このカードがどれだけ希少なものであるか」を5段階の星マークで表しています。
数が少ないほど「ありふれた」カードとなり、同じ名前のカードをデッキに最大4枚まで入れることができます。
逆に星が多いほど「誰も知らない、珍しい」カードとなり、デッキに入れる枚数が制限されます。

具体的には、オリジナリティの星が1 つで 4枚、2 つで 3枚まで、3つで 2枚、4つは 1枚までデッキに入れることができます。
星が5つのカードは、カードの名前が違っても、デッキには 1枚しか入れることができません。
以上を踏まえたうえで、40 枚のカードの山を創りましょう。
なお、アバターカードは 40枚に含みませんので、最終的な枚数は41枚になります。