第1弾 カードリスト
黄属性

ポヨンを代表とする、聖地到達に必要な目標魔力を短縮したり、 魔素の操作を得意とする属性。月と翼をシンボルとする。

しかし、その強さゆえか能力の行使のためにプレイヤーに試練を課すクリーチャーもいるため、 一筋縄ではいかないのも特徴。

緑属性とは対立関係にあり、赤属性と友好関係にある。
青属性とは支配関係にあたるが、その時その時で主従関係は入れ替わる。
Noカード名オリジナリティ
1ポヨン
2大食いズリー
3デザートスカウト
4レイヘブン★★★
5ラビマジーロ★★
6深淵の主★★
7ボルガオン★★★
8プラティニー★★★★★
9トイルーク
10天使レミリオ★★★
11ドランジェル★★
12ミツリス★★
13トイポーン
14トパリーズ
15イカロス★★★★

赤属性

太陽と剣をシンボルに掲げる、戦闘を得意とする属性。
戦闘時発動能力を持つ者が圧倒的に多く、逆にそれ以外の事が不得意である。

能力としても攻撃値が上昇する能力を持つ者がほとんどで、直感的に扱うことができるクリーチャーが多い。

青属性とは対立関係にあり、黄属性と友好関係にある。
緑属性とは支配関係にあたる。場を整えるのが緑属性の仕事で、戦闘は赤属性が担当する。
Noカード名オリジナリティ
16ウォーロック★★★★★
17マーダーアニマル
18呪いの人形
19ヒートデモン★★
20シャドウ
21フォーチュナー★★★
22レッドキャップ★★
23フレイムビートル★★
24エレメントホール★★★
25サラマンダー
26ガーゴイル★★★
27ルビリー
28ラフリシア★★
29トイナイト
30天使クリスシール★★★★

青属性

シンボルに波を星を掲げ、カード、主に手札に関する効果を持つクリーチャーが多い属性。

手札の補充や入れ替え、オリジナリティが上がると相手の手札やメモリーの破壊を行えるようになる。

良くも悪くも上級者向きのカードが多い。

赤属性とは対立関係にあり、緑属性と友好関係にある。
黄属性とは支配関係ではあるが、操作するのがカードか魔素かの違いであるため、青属性としては特に 何も感じていない。
Noカード名オリジナリティ
31トキマネキ
32シップイーター★★
33ディープサーチャー
34ヘルパイレーツ★★★
35カロン★★
36ケルピー★★★★★
37サフィーア
38シークラウン
39マーマンナイト★★★
40リトルエンペラー
41トイクイーン★★★★
42アンモロード★★★
43イルカモネ★★
44ワザマネキ
45サーペント★★

緑属性

相手を妨害したり、自軍を強化することに特化した属性。

複数で行動することを信条とし、相手の能力を見定めてから戦うクリーチャーがいるためか、 その力を使うにあたり他者を参照することが多い。

シンボルは大樹と歯車。

黄属性とは対立関係にあり、青属性と友好関係にある。
赤属性とは支配関係にあたるが、その支援効果自体で戦闘まで起こさせないのが緑属性の最終目的である。
Noカード名オリジナリティ
46エルダートレント★★
47エメリード
48ヘルスパイダー
49ユグドラホーン★★★★
50トイビショップ★★★
51プラントラ
52イービルウォール★★★
53アンドロ★★★★★
54アシドスラッグ
55ビッグコング★★
56オールドオウル★★
57ワーウルフ
58マッドローン
59ウイッチ★★
60ライフメーカー★★★

無属性

すべての属性と切り離された属性。鎖と無地の旗がシンボル。

4つの属性から等間隔の距離感を保ち、つかず離れずの立場をとる。

そのためか、どの属性とも違う能力を持つクリーチャーが多く、使いこなすには一癖ある。

また、他の属性との大きな違いとしてリーダー時のメインフェイズで聖地に進軍できるクリーチャーとして 選べない。
61サムライ
62カラクリレオン★★★
63アルケミスト★★★★★
64ミリフラーク★★★
65セントパラディン★★
66キャプラコート
67移動式要塞
68オートラバサミ★★
69トイキング★★★★
70ファイター★★
71バンディット
72ミスティック★★★
73スカルトーン
74ニンジャマスター★★
75天使プリースレア

魔法カード

自分のセットフェイズ中であれば使用することのできるカード。主にクリーチャーでは できない効果を発現させる。

一部カードは使用するためにコストがかかる場合がある。
76誕生の宴
77マジックパラサイト
78女神の祝福★★
79プロテクション
80茨の鎖★★
81大精霊の守護
82未来予知
83異界への扉★★★★★
84バースアンデッド★★★
85運命の解放★★
86盗賊協定
87停戦の調印
88魔導力のツボ★★★★

戦闘支援カード

単体では全く機能しないが、戦闘の際に役立つカード。
これがあるのとないのとでは勝率に大きな違いが出る。

しかし、魔素も作れず単体で戦うこともできないので、使いどころ、デッキ制作時の積み込みすぎに注意。
89魔術の生贄
90魔力の泉★★
91ウェポンリプレイス★★★★★
92野生の勘★★★★
93錬金分解★★★
94達人の見極め★★
95密告★★
96勝利の狼煙
97奇術師の指先
98カオスパニック★★★
99ポイズンミスト
100戦術指南書★★


→戻る